イメージ4.jpg

両手があいているとアウトドアや作業などに便利!

災害ときなど両手があいていると便利なアイテム!

頭にフィットするライトで明るく照らし効率よく作業ができます。

夜間の作業や夜釣り、キャンプなど防災用にもオススメです。

ヘッドライトとは

頭部に装着するタイプの照明器具。

懐中電灯のように手で持つ必要がなく、両手が自由に使え、万が一の災害時に備えて用意することをお勧めします。  明るさや電源のタイプに加え、プラスされている機能が製品によって異なり、ラインナップが豊富にあります。選ぶポイントを押さえつつ、自分の用途に合ったヘッドライトを見つけましょう。

1:用途に合った明るさ

ヘッドライトを選ぶ際に、まず重視するのが明るさです。 「ルーメン(lm)」という単位で表されます。 ルーメン(lm)の数値が高いほど光量が多く明るいことを表し、暗闇の中での視認性が高まります。

2:電池式か充電式か

ヘッドライトの電源は主に2種類で、充電式か乾電池式です。

充電式のヘッドライトはランニングコストが安いという特徴があります。対して乾電池式は充電の必要が無く、電池が消耗した際、電池を交換するとすぐに使用出来ます。

3:防水機能などの付加機能

防水機能が付いていると、雨など濡れる可能性のある場所でも使用でき、 防水性に加えて防じん性も備えた製品は、砂埃の多いところにもおすすめです。 緊急を知らせる点滅動作や赤色の点滅灯が点灯する機能の製品もあります。

SK-HL400ZD-MS.jpg
More2.png